2020年8月23日(日) ピアノと歌

最近の愛聴盤は、「River 」というアルバムで、Herbie Hancockのリーダー作品です。

このアルバムは全然知らなかったのだけれどどうやら Joni Michel 曲集なのらしい。何人かの歌手と朗読も参加している。歌手は星の数ほど居るのに私の好きな歌手が二人も入っていて、それだけでも興味をひかれる。聴いていると知らずとまた聴きたくなって、最近ではすっかりどうもこれは、愛聴盤になってしまっているみたい。

さきのブログで、弾き語りについてちょっと書いたけど、それとは別にピアノと歌の関係について思うことあって…。そうだよね、当然そうなるよね、こんな風にあってほしいよねと感じるそんなアルバムなのだった。伴奏じゃ全然なくて。ピアノと歌だと関係がわかりやすく出てしまうけど、本当はどんな楽器でも歌でもすべてそうあるべきなんでは。音楽は。ピアノと歌の関係について、ずっと考えていた自然なことを、目の当たりにさせてもらったアルバムだったのかもしれない。

各自が勝手にやっていている、もちろん調和している、全体としてそういう感じが大切なんじゃないのか、と私は思う。演奏しているとき音楽への入り方も出かたも、そんな風にあるべきなんじゃないのかしら。ここに参加しているWayne Shorter というサックスの人も、一体どんなふうになってるのか、全体の中にただ「在る」というだけで。そこだけ聴いていると何をやっているのか私にはよくわからない…、まるでソロをとったり何かのフレーズを作ることなどダサいと思っているみたいだ。居ることだけが大切で、と、そんなような。そうなんだ…どんなふうに音楽を考えているのでしょうこの方は。(恥ずかしながらHerbie HancockもWayne Shorterも知らないので勝手なこと書いてます)

歌があまりにも凄すぎるとき、周り全員が “歌のための伴奏” になってしまうということを時々目撃する…それはしょうがないこととも思う。素晴らしい歌というのがそうさせてしまうのも、なんとなく、わかる。

でも私は音楽では、そういうのより、やっぱりみんなで調和してぐらぐら揺れてるのが好きみたい。そういうのが聴きたいし、そういうふうに音楽をしたい、とも思う。

ピアノと歌なら、(信頼関係のもと)どこまでも歌が自由に、解き放たれてほしい。このアルバムの中では Colinne Bailey Rae の曲の中に、この理想形をみて、本当にどきどきする。いつか私は何かにハンギングされているような、そして空に向かって駆け出していけるような気もちになってくる。

私は全曲知らなかったけど、みんながよく知った曲を使ってアルバムが作られているような気もする。これだけ歌が強いアルバムで、こんな風に音楽ができる歌手が選ばれている。ピアノが存在して素敵に鳴っていて…音楽だけが純粋な水のようにあふれていて。空気が変わるような、冷たい水に足をつけるような、あの感覚にまた浸りたくて、この夏はこの1枚を、ただ聴いている。

2020年8月23日 | カテゴリー : topup, 2020 | 投稿者 : 平田王子

2020年7月26日(日)弾き語り

先日、Joni Mitchell 75歳アニバーサリーLIVEというDVDを購入して、観た。Joni Mitchellその人は、よく知らないんだけど…。(本人は歌っていないDVDだった)

私の知らないたくさんの歌手が出て、彼女を称え、彼女の歌を歌って、中には弾き語りもいた。弾き語り。この不思議な世界。

「弾き語りの人が楽器を置いて歌ったときにはとてもいいんだよ」と、先輩ミュージシャンが言っていた。けれども、私の見たところ、弾き語りの人間から楽器を取って歌ってもらっても、何かとても覚束なくて…。楽器を得て見せる笑顔、やっと水を得た魚というか、「やっと水だ、水、これで息ができる」みたいな、どの人からも一様にそんな不思議な印象を受けてしまう。もちろん、演奏にはどちらもあってもいいんだけれど、どうしても自分にはその印象が拭えない。ほら、ピアノの前に彼女が座った、ちょっと座りなおして、腕が、指が嬉しそうだ…と見えてしまう。

弾き語り、この不思議なものよ。

ピアノでもギターでもなんでもいいけど、歌いまわしというか、楽器の奏でる音とともにそこに何か生まれる自然な感じ。歌だけより自然な感じ。下手とかうまいとかでなく。その人がその楽器とともに長い時間を生きてきた、その親密な感じを受けるからかな…。長い人ほど、カラダに楽器が「嵌っている」という気がする。いやギターだけかな。ギターという楽器は、全く、なんて内向的なんだろうな。悲しいギター。やっぱりギターだよねぇ。

そうだ目指してるトコがあるのだ、たどり着きたいんだ、とはっきり自覚するのは、こうして立て続けにたくさんの弾き語りを見るときだ。弾き語りはみんないい。みんなが自分の歌を歌ってとてもいい。(´~`*) 

そのDVDで、Diana Krall が良かった! 何年か前に観たり聴いたりした時より、ずっとずっとずっとずっと良かった。そうか、これだったのか、彼女の本懐は。レコード会社の意向か、その美貌がアップになったり肩や足を出したりしてるワケわからないアルバムも聴きかじってみてたけど、コレ違うでしょ、という印象の方が強かった。何か白々しいというか。その勘は当たっていた…。生活のための音楽と自分がやるべき音楽とを、ちゃんと分けてるんだ、きっと(当たり前か。何を今更)。じゃ、何とか商業的でないLIVE見つけるしかないじゃん⁉ ソレ、日本に居ちゃ難しい…。

今回出会えてとても良かった。LIVEの弾き語りは素晴らしかった。横でNorah Jones が目を閉じて、心で聴いていた。私も、そこで、いっしょに聴いていた。

2020年7月26日 | カテゴリー : 2020 | 投稿者 : 平田王子

2020年5月9日(土)好きなラジオ

文字、動画、音楽については、従来のデバイスを超えて別のデバイスで供給されるようになって久しい。利用者の側からすると選択肢が増えたこと、便利なこと、安価になったことなどメリットが大きいかもしれない。でも、制作側からしてみると、デバイスが変わったときには従来方式では全くうまくいかなくて、形式を変えざるを得なくなったり、従来ルールが利かなかったりして困るのが常だ。何より、「これで、文化が変わってしまう。」と思う瞬間が多いのだ。そして、「いいのか?」と。良き文化は守りたい、という自負を持って取り組んでいる古い人間の一人としては、抵抗を感じつつも、世の流れに逆らえるはずもなく、やらなきゃなぁ、う~ん、しかし待て、加担していいのか? と堂々巡りのようになることが多い。仕事となるとそうも言っておれず、結局は何とか、妥協点を見つけなくちゃいけないわけなんだけど。

あちこちでお話しているように、ラジオが好きだ。でも正直に言うと、話ナシで、どんどん音楽をかけてくれるラジオはもっと好きだ。

勝手ながら利用者として大変ありがたいと思ってるのは、インターネットラジオなのだ。私が好きなのは accuradio で、考えてみればいやじつに毎日、使っている。いまや iPhoneからBluetoothで飛ばしてステレオで聴いている。先日も、作業しながら聴いていたら間違うこともないクララ・ヌネスの声が突然、部屋いっぱいに響き渡った時には、思わず、心躍りました…。

気に入っているポイントはいろいろあるけど一番は、耐え難く嫌な場合でも、その曲を一つ飛ばせること! チャンネルも多い。好きなチャンネルをいくつかfavoritsに入れている。その気になれば世界の音楽がカンタンに聴けるようだ。まだ、その旅に出たことはない、というのは、私が奥手だからなんだ…。どうも音楽をカシコマッテ聴こうとしていけない。最初好きになったときはそんなことなかったじゃないか…もっと違うタイミングで、心にはひたっと入ってくるものなんだよ、きっと…。そろそろ、やってみようかな。

一方で、ストリーミングで音楽を聴く気にはどうも、なれない。これはどういうわけでしょうか? 

2020年5月9日 | カテゴリー : 2020 | 投稿者 : 平田王子

2020年3月18日(水) 九州ツアー中止

2020年3月21日からの九州ツアーは、コロナウィルスの関係および諸事情により中止になりました。楽しみにしてくださっていた方々、関係の方々に深くお詫び申し上げます。気持ちとしては「延期」と思っていますので、またどうか、お願いします。

なお、倉敷Penny Lane, 広島 Lush Life は、ソロで演奏致します。ヤル気も満々!

でも一応念のため、お店に開催の確認を取ってからお越し頂きますよう…お願い申し上げます。

2020年3月18日 | カテゴリー : 2020 | 投稿者 : 平田王子

2020年2月16日(日)日本ギター連盟ユベントスのギターコンサートに行ってきた

思い出のヤマハホール…

しかし2月10日は、日本ギター連盟ユベントスのギターコンサートがあり、前々からとても楽しみにしてチケットも買って、この日を待っていた。(…こういうことって素敵ね!)

プレーヤーは、池田慎司さん、大橋俊希さん、酒井良祥さん、坂場圭介さん、多治川純一さん、橋爪晋平さん、林祥太郎さん、藤澤和志さん、前田司さん、松澤結子さん、松本努さん。もちろん、全員がギタリストで、この日は全員がクラシックギター。

いずれも素晴らしい方々…だった。個人的にお知り合いの方も何人かいたのだけど、生演奏を聴く機会はあまりなかったので、今回はそれも楽しみだった。

一つ一つの楽曲も興味深く、また個性の全く違う方々が一同に会して様々な音色が次々と続くのにも興奮して、あっという間に時間は過ぎてゆく。素晴らしいギターの音色に身をゆだねて、幸せだなぁ…と、心から感じていた。

圧巻は、池田慎司さんのアレンジによるブラジル風バッハ第4番、11人による演奏だ。まさか、とは思っていたけれど、4番は4楽章から成っている。これを11人で、全員で⁉ 一体どうやってやるんだろうと興味津々だった。でも、本当に素晴らしかった。楽しかった。終わった瞬間に、もう一度聴きたい、せめて第4楽章だけでも、と思ってしまった。

池田さんに聞くと、今回11人による11パートに分かれていたそうだ。それで池田さんのパートは全体の演奏のバランスを聞きながら、毎日違うところを弾くことになってしまったという。すご…っ。それでリハーサルはたったの3日とお聞きしている。

この曲は、第一楽章、第二楽章では地味に静かに暗く低く、夜明け前のような感じで始まって、途中で(第4楽章の始めかな?)ポリリズムのようなのも入っているし、ヴィラロボス独特の「カオス」も十分に入っている。混沌のなかにも、“うねり”のようなものがあって、ヴィラロボスのファンとしては、それがたまらない。

11人のみんながヴィラロボスが好きというわけではないだろうし、この不思議な楽曲を理解できないまま演奏することもあると思う。そのあたりはわからないけれど、「合わなくてもいい」ようなことがヴィラロボスの楽曲には大切にされているような気もしているから。それより大切なこと…、例えば音楽が躍動しているとかいうことだ、音色が際立っていること、リズムが立っていることとか…。うまく言えないけれど。

だけど11人、全員がギターで、この前代未聞の試みをやりきるには、もちろん、人の音を聴きながら合わせたりうねったりしなければ。誰のどこのサインをみて、どうやって演奏を続けるのか、どうやってこの楽曲が成り立とうとするのか、こんなに上手な方ばかりで集まって、私にはわからないことだらけなのだけれども、必死で探ろうとしてしまう。

ほんと、いったいどうやって成り立ったのか。池田さんのアレンジ(アレンジというのかな、ディレクションというのが正しいのでは?)は素晴らしかった、聴けて良かった。勝手ながら、この会が定例なら、この曲は毎回やって育てていって欲しい、もっと良くなる、という気もした。

音楽をやっている友達と出かけて、とても楽しい夜だった。何よりも、11人の演奏家の音楽に向かう姿勢、そして音に、尊さを感じて、励まされた気がした。遥か遥か彼方まで続く大きな音楽の河の流れの中で、今日はまた、沈んだり浮かんだり流されるままに。眩しすぎる光のきらめきの水面を見ていた。

2020年2月16日 | カテゴリー : 2020 | 投稿者 : 平田王子

2020年1月26日(日)昨日、弦の会で

昨日は弦の会でした。弦の会では、東輝美、MAKALANI、IKUWA、柳家小春、そして私が一人ずつ、順番に演奏してゆきます。それぞれがソロで活動しているため、一人ずつ。混ざることもあります。昨日は東輝美と私がいっしょに最後にChega de saudade を演奏しました。なんと彼女はピアノで参加したのです。もう25回を数えました。それぞれに、もっと味が出てきました。もっと、個性が際立って来ています。

サウンドチェックのときに、マスターが「ガット弦の弾き語りの場合は、やっぱりマイクを入れないとね、聞こえないよ。」と言ってくださったのがとてもうれしくて、いっぺんに気持ちが上がりました。かねてTUBOは音がいい。

歌もギターもですが、私の場合には、マイクがあって初めてパフォーマンスの幅が広がるというか、やりたいことができるのです。部屋の大きさや環境にももちろんよるけど、半径1m以内くらいで聞いてもらっているのならともかく、細かいニュアンスにわたってコントロールして表現しているものなので、それがわかってもらえていると思うと、とてもうれしい。

なぜだか生音神話、みたいに思っている方が時折いらっしゃって、それはとても辛い。何か思い込みがあるような気がします。それからコンデンサーマイク神話。これも何というかとても厄介な問題です。やはり耳の力を鍛えるしかないのでしょうか。とはいえ日々いろんなシチュエーションを見ていらっしゃるお店の場合には何か確固たるご本人のお考えというものができていらっしゃるのでしょう。その日のミュージシャンが伸びやかに演奏できる環境を整えることの難しさを感じます。それが叶った日には、ミュージシャンは水を得た魚のように、また自分の力、その先までチャレンジでき、しかもできた!と思える瞬間さえあり、たいへんな力を発揮できるものです。そんな日は本当に感謝、感謝、わたし(ミュージシャン達)だけの力で今日のステージやってません、ありがとうございましたPA様という気持ち。全部出し切った、魂すべて渡した、感になります。

もちろん、そんなときにはもう間違いなく、お客様との一体感が生まれています。誰にとっても幸せな one night stand ! 

次回、弦の会は5月か6月ごろ。ぜひお楽しみに。

2020年1月26日 | カテゴリー : 2020 | 投稿者 : 平田王子

2020年1月5日(日) 新年

新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくおねがい致します。

パソコンが壊れているため、何かと更新が遅くなり申し訳ございません…。新年早々、自分の不始末を謝ったりして情けないんですが、そんなワタシですが、細く長い目で見てお付き合いくださいませ。

今年もいい歌、歌えますよう、力を抜いて頑張っていきたいと思います。

(⌒▽⌒)ノ ♫

2020年1月5日 | カテゴリー : 2020 | 投稿者 : 平田王子